失敗する勇気を持つ!

いつも私の心の中にあるけれども、実行することが難しい言葉、それが

スポンサーリンク

失敗する勇気

です。

 

よく、こういうことを言われます。

「成功するためには、ある程度のリスクを冒さなくてはいけない、そのリスクを受け入れられる者だけが、成功をつかむことが出来る・・・」。

 

この「リスク」とは、自分の力以上の事や未知の事、新しい事にチャレンジする事だと思います。

 

そこで、必ず付いてくるのが、「失敗」という言葉です。

 

チキン野郎の私は、いつも慎重に事を運びすぎ、石橋を叩いて叩いて、結局は渡れない・・・、という状況がよくあります。

そして、そんな状況になってしまった自分に葛藤する・・・。

完全なるマイナス思考ですね。

 

この、「失敗する勇気」、言葉を変えると「チャレンジする勇気」だと思います。

失敗を怖がり、失敗した先の事ばかり考えて、結局は何もチャレンジしない・・・。

失敗もしないかわりに、大きく成長や成功することもなく、小さくまとまってしまう・・・。

 

ロードバイクの練習でも、少しでも心臓がバクバクなりだすと、心肺機能の限界だと思って、走るのをやめてしまう、下りの坂道を攻められない、激坂で立ちごけを怖がり、途中で止めてしまう・・・、などなど。

技術の問題は別として、安全なことの中でしか練習をしない。

 

当然、プロのレーサーではないので、無理せず、出来る範囲の事を安全にやればいいわけですが、それだと、なかなか速くなれない・・・。

 

この線引きが難しいですね!

 

スポンサーリンク

結局は、自分が「どこを目指すのか?」

に尽きると思います。

それに応じて、「リクスを冒す・チャレンジする」度合いも変わってきますね。

 

ヒルクライムレースに出て、上位の結果を出している人は、やはり、その結果に応じたリスクを取りながら練習や生活をされていると思います。
(ある方は、揚げ物を一切食べない、などなど)

 

自分の目標にしたタイムが出せていなければ、練習でも、それに応じたリスクを取る・・・。
(練習の強度を上げる、回数を増やす、などなど)

 

簡単なようで難しいですね。

 

こんな葛藤の日々です。

 

 

ではでは。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。


ロードバイクランキング

by bmcろく


スポンサーリンク