効果的なヒルクライム練習(ロードバイク)は?

ヒルクライム

どうすれば、速く楽に登れるか?

これが永遠の課題と考えます。

スポンサーリンク

この課題に挑戦するために、毎日が試行錯誤です。

そこで、知識も経験もない私ですから、詳しい方に聞きました。
(詳しい方 → 自転車屋さんの店長)

「ヒルクライム、どうすれば、速くなりますか?」

その店長いわく、
まずは、心肺機能を上げること。

そのためのトレーニングとして、

ローラー台を使ったトレーニング法


① 5~10分間のウォームアップ
② 5分間、80回転をキープできる限界のギアで回す
*ギリギリ80回転をキープできるくらいのギアで
③ 5~10分間のクールダウン

②ができれば、ギアを1段ずつ上げていく(重くしていく)
80回転がキープできなければ、その場で止める。
そして、5分くらい休憩し、再度、そのギアのままチャレンジ。
その繰り返し。
少しずつ、時間を長くしていけるようにトレーニングしていく。

この練習を、2ヶ月も続ければ、かなりの心肺機能アップが望める、とのこと。

家に帰って、早速挑戦。
一番軽いギアから2枚残し、3枚目からスタート。

ところが、全然回せません・・・。
80回転は、なんと、30秒でダウン。
これが、思った以上にしんどい。
まぁ、できるものならやってみなっていう感じで言われたのですが、それくらいできるだろうと軽く考えていました。
(完全に舐めてました、店長、すいません)

気を取り直し、休憩後、再度挑戦。
しかし・・・、1分も持ちません・・・。

プロ級だと、20分間できないとだめといわれた言葉を思い出し、レベルの違いを思い知らされました。

その後は、週に2回くらい、ローラー台で練習です。
1ヶ月かけて、ようやく3枚目5分間クリア。
ラストの1分間が、長いこと長いこと・・・。
体のブレなど関係なく、ひたすら回す、回す、倒れる寸前まで頑張る・・・、そんなイメージです。
(50代のおっさんチャリダーには、きつすぎです)
終わった後は、放心状態。
でも、満足感・達成感はあります。

汗まみれになりますので、ローラー台の下は、ビニール系の素材の敷物をひいたほうがいいですよ。

その後も、1ヶ月半かけて、次のギアをクリア。

スポンサーリンク


しかし、その次のギア(10速なので、真ん中の5速)に苦しんでます。
週に2回くらいできれば、順調に記録も伸びていくのですが、仕事などでできないときも当然あり、週1になると、全然回せなく、また、最初からのやり直し・・・。

そんな、行ったり来たりの繰り返しで、現在奮闘中です。

そして、実際のライド(外走り)では、
とにかく短い距離でも、速く走るように心がける
とのこと。
(速くなるためには、いくら長距離を走っても、ゆっくり走っていてはダメだそう)

今の私では、平地で30キロキープは、2分持たせるのがやっとです。
10%以上の坂道では、ジョギングしている人に、抜かされたこともあります(汗)

来年9月の大台ヶ原まで、約11か月。
目標の1時間40分切りのため、ゆっくり、あせらず、一歩一歩、成長していこうと思っています。

50代のおやじチャリダーが、来年の大会に向けて、どう取り組んでいくか、その経過や、周りの方から色々いただいたアドバイスなども書いていこうと思っています。

ただし、ロードバイク=トレーニング となっては、いけないので、時には、ゆっくり自転車に乗り、観光などもして、自転車生活をエンジョイしていくつもりです。

by bmcろく


スポンサーリンク