ロードバイクを始めたころのこと(購入編)

ロードバイク購入

ロードバイクは、私が47歳の時から友人のすすめで始めました。

スポンサーリンク

バイクショップ回り

最初は、まずどのバイクを買おうか、友人やバイクショップに行き、詳しい方から色々と聞きました。

最初によく聞かれたのが、
・どのように乗るか?
・バイクで何がしたい?
・予算は?・・・

友人からは、ただ単にロードバイクはいいよって聞いていただけなので、何がいいかとか、詳しくは聞かず・・・。
ただ漠然とロードバイクが欲しい・・・。

どういうように乗るか?とか、何をするか?とか、最初から決めれるわけがなく、「初心者向けはどれですか?」としか言えず、なかなか前には進みませんでした。

初心者向けは何がいいか?
この質問の答えは、答えてくれる人の数だけ出てきます。

ある人は、
「最初は、色々な用途に使えるシクロクロスという種類がいいのでは・・・」。

また、ある人は
「とにかく、どうせ一般的なロードバイクは欲しくなると思うので、まずはそれを買ってみたら」。

またまた、ある人は、
「ロードタイプよりも、マウンテンバイクの方が、どこでも行けるし、パンクも少ないよ」。

う~ん、迷います・・・。

奈良で数軒、大阪でも5~6軒、回りましたが、回りすぎて、何が何だかわからず、余計に迷ってしまう始末・・・。

結局は、お店の方との相性が合う所でバイクを買おうと決め、やはり奈良県民なので、消費は奈良県内でとあるように、奈良県内の店で買うことをまず決意。

そこで、再度、奈良県内の店を数軒回りましたが、皆さん親切に対応していただき、またまた迷いが・・・。
いつまでも迷ってても仕方がないので、その中の一軒に決めました。

最初は、シクロクロスに傾いていましたが、店の方と色々話をしているうちに、結局は、一般的なロードバイクにすることに決めました。

その決意のポイントとしては、

①友人も一般的なロードバイクを持っていて、一緒にツーリングに行くときには、他のタイプだと、スピードに違いが出るのではとアドバイスを受けたこと。
②種類が豊富にあること。

スポンサーリンク



次に、一番大事な予算

私は、バイクを買うために、2年間、少ない小遣いの中から毎月必死で1万円を、
貯めていきました。
その努力の結晶が24万。
だいたいその金額くらいで考えていました。

しかし、しかし、
バイク本体だけでなく、その他色々と揃えなくてはいけない付属品があることが判明・・・(汗)
ヘルメット、ウェア、空気入れ、etc・・・。
だいたい3万くらいをみておけば、最初はいいとのことでした。

そこで、本体の値段を3万削り、その範囲内で収まるバイクを買うかなど、色々迷いまして、店の方と相談。

色々と考え方はあるが、最初にある程度のレベルのバイクを買っておいた方が、
どうせ直ぐにいいものが欲しくなるから、と言われ、思い切って25万前後で本体を買うことを決意。

そこで、1年落ちで、BMCのカーボンが在庫にあると紹介され、一発で気に入り、購入を決意。
SL01、コンポは、105。

そして、

付属品は、ヘルメット、グローブ、レーパン、空気入れ、
サドルバック、ボトル

等を購入。

ビンディング

は、ある程度、バイクに慣れてからということで、最初は、ママチャリのような、フラットペダルをつけました。

予算は、少しオーバーしましたが、カーボンのバイクを買えて、大満足。

整備もあり、納車までは、1週間ほどとのこと。

待ち遠しい1週間が過ぎ、待ちに待った私のロードバイクが納車。

こうして、おっさんチャリダーの自転車生活が始まるのでした。

この経験が、これからロードバイクを買おうと思っておられる方にとって少しでもヒントになればと思います。

次回は、ロードバイクに乗り始めたころの苦労等書いていきます。

by bmcろく


スポンサーリンク