ロードバイクの正しい乗り方

このタイトルの

ロードバイクの正しい乗り方

簡単なように見えて、ものすごく難しいく、奥深い乗り物がロードバイクですね。

スポンサーリンク

この乗り方、色々な説がありますね!

背中にコブを作るように、背中を丸めて、ひき足を使って乗る

または、

「やまめの学校」で有名な、堂城賢氏が教えられている、通称「やまめ乗り」、または「おじぎ乗り」

背中はまっすぐに伸ばす、引き足は使わない、母指球辺りに荷重?を・・・などなど。
(詳しくは、「やまめの学校」で検索を)

何が正しくて、自分に合うのはどのスタイルか?

人に聞けば聞くほど、みなさんそれぞれの理論をお持ちで、みな言うことが違うし・・・。

背中を丸めるということは、後ろ足に荷重をかけた姿勢で乗っているわけですから、引き足を重視して乗る乗り方ですね。

実際に、この乗り方で乗ってみました。

そうすると、何となく速くなったような気がしましたが・・・。
(平地では・・・)

しかし、坂道となると、後傾姿勢ですから、自転車の後ろ側に体重が乗り、逆に登りは辛くなりました。

これでは、ヒルクライムは無理。

そこで、堂城氏の提唱する「おじぎ乗り」に挑戦。
氏が出されている著書本(小学館)
「自転車の教科書」
「自転車の教科書 身体の使い方編」
を読んだり、
動画サイトの動画を見たりと、色々研究しました。

なかなか習得するのは難しいですが、

①骨盤から身体を曲げ、背中をまっすぐ伸ばす
(背中は反らない)
②後ろ荷重にならないように、母指球に荷重をかける。

まずは、この2点を意識して練習開始。

今までより前傾姿勢になり、何となくペダルが軽くなったような気が・・・。

しかし、よく読んでみると、

形だけマネしてもダメ、
まずは、しっかりと身体つくりをすること・・・。

スポンサーリンク



そこで、
①股関節と足首を柔らかくすること。
②背中を鍛えること。

①は、柔軟な身体になることを目指し、ストレッチを中心に取り組みます。

股関節は股割り、足首は、しっかり回したり、階段など段差があるところに板などを置いて、両足でまっすぐに立つ。
これが、足首のストレッチになります。
最初は、ふくらはぎがものすごく痛いです。
(予算がある方は、ストレッチボードを使うと便利)

この歳になると、筋トレなどの身体の前側の筋肉を鍛えて、身体を固くすることより、柔軟性の方が大切と、専門家からのアドバイス。

②は、体幹トレーニング。

体幹トレーニングといえば、有名な「プランク」。
腕立て伏せの姿勢から、前腕・肘とつま先で身体を支え、頭からおしりまでが一直線になるような姿勢をキープ。
最初は、30秒から始め、2分くらいできるように。

もう一つは、「バックフルアップ」
うつぶせの姿勢から、両手・両足を床から浮かせる。
この時に、腰を反らせすぎないように。
30秒~60秒、3セット。

無理せず、ゆっくり鍛えていきます。

by bmcろく


スポンサーリンク