自転車(ロードバイク)と人間の健康診断

今日は、毎年一回の

健康診断

をしてきました。

スポンサーリンク

私は、年一回健康診断するのですが、

自転車の健康診断は、オーバーホール

 

ということでしょうか?

オーバーホールは、どのくらいの期間でするのがいいのか、自転車屋さんに聞いてみると、
2年に一回くらいがベストとのこと。

また、大事な部品の一つである

チェーンの交換時期は?

距離で言うと、3,000~5,000キロ、
期間で言うと、1年くらい、

とのこと。

当然、乗り方や日頃のメンテナンスによってだいぶ変わってくるとのことでした。

私が購入した自転車屋さんは、その店で自転車を購入すると、調整などの簡単なメンテナンスは、無料でしていただけます。
(ものすごく、ありがたいです)

ですので、ちょくちょく調整
(ブレーキ・ハンドル・ギア など)
してもらってはいるのですが、2年に一回くらいは、しっかりとメンテナンスした方が結果的に自転車が長持ちするとのことで、私はできるだけ、そうしようと思っています。
(予算の関係もあるので・・・)

ロードバイクは精密な乗り物なので、少しネジが緩むと、ギアが入りにくかったり、ブレーキが効きにくくなったり、ガタツキがでたりしますね。

素人では、なかなかうまく調節出来ないのですがちょっと調整してもらうだけで、自転車屋さんの帰りは、物凄くスムーズに、また快適に乗れます。
何か、別の自転車に乗っているような感じです。

やっぱり、プロに任せるのが一番ですね。

そして、上に乗る人間の健康診断。

毎回胃の検査は、バリュームでしていますが、今日の健康診断で、医師から、
「5年に一回くらいは、胃カメラも取り入れてはいかがですか?」とアドバイスいただきました。

丁度、妻が先日、胃カメラで検査してきたところ、何の苦痛もなかったということだったので、次回は、初めての胃カメラに挑戦しようと思っています。

最近は、胃カメラの方が多くなっているとのことですが、少し前までは、胃カメラは、物凄くつらいとよく聞きました。
今では、カメラも小さく・細くなっていて、口からではなく鼻から入れることを選択される方が多いそうですね。

技術の進歩は、凄い!

スポンサーリンク


自転車も日々、技術の進歩で、軽く・丈夫になど性能アップしていっていますが、ある専門家が、
「自転車の性能はよくなってきているが、それに比例して、レースの記録が速くなってきているというわけではない」と指摘されていました。

自転車技術の向上に、人間が追いついていないということでしょうか?
なかなか考えさせられる問題ですね。

まぁ人間、健康でなければ、自転車生活を楽しんでいけませんので、乗れるうちは、しっかりと健康にも気を付けて、少しでも長く自転車生活を続けていきたいと思います。

by bmcろく

 


スポンサーリンク