抜け道紹介(奈良市押熊・京都府精華町から八幡木津自転車道へ)

今回は、抜け道紹介です。

スポンサーリンク

奈良市押熊・京都府精華町近辺から八幡木津自転車道へ至る道

です。
関西のチャリダーならご存知の方も多い木津から嵐山に至る自転車道。この自転車道に行くには、奈良西部に住む私は、どうしても国道163号線を走ることが多くなります。

しかし、国道163号線が、ダンプや自動車の交通量が多いことから、163号線を走るのを避け、並行して走る抜け道がありますのでご紹介します。

(写真の下が説明文です)


奈良市の押熊方面から北へ、ビックスを越え、精華町方面へ。国道163号線との交差点(乾谷西交差点)がスタート位置です。

古川橋の手前に側道があります。その道を走ります。

側道入り口です。車は入れません。右の角が公園です。

途中、163号線の下をくぐります。

更に行くと、突き当りに出ます。ここを左へ(山田川駅方面)。

左に曲がって最初の信号を右へ(山田川駅方面)。

山田川駅の踏切を越えます。この辺りは、車が多く通ります。ご注意ください。

しばらく走ると、清水橋のバス停があります。

清水橋のバス停を越えるとすぐに分岐があり、ここを左へ。まっすぐ行くと、国道163号線です。

JRの踏切も越えます。

突き当りに出ます。ここを左へ。

そうすると、この道が、八幡木津自転車道です。
(今回の紹介はここまでです)

スポンサーリンク

ここから45キロ先へ行くと、嵐山です。多くのチャリダーが走っていますので、一度嵐山まで行ってみてください。アップダウンもほとんどなく、走りやすい道です。

国道は、どうしても交通量が多くなりますので、私はできるだけこのような車の少ない道を探して走っています。
今後また、このような抜け道等、発見できましたら、紹介していきます。

安全に走って、自転車ライフを楽しみましょう!

ではでは。

by bmcろく


 

スポンサーリンク