ロードバイクに乗っていて困ること(感応式信号機)

ロードバイクに乗っていて、こんな経験ありませんか?

スポンサーリンク

感応式信号が変わらない

私はよく、ロードバイクに乗っていて、細い道から幹線道路に出るときに、
「信号がいつまでたっても、赤のままで、青にならず、進めない」
という経験をします。

その信号をよく見てみると、
「感応式信号」
という表示があります。

感応式信号とは、道路の真上や柱に取り付けられたセンサー(感知器)が、車両を感知し、一定時間後に信号が変わる方式の信号機です。

 

この感応式信号機が青にならない原因は、2つ考えられます。

①自分が先頭で、感応式信号と気が付かず、ひたすら青になるのを待っている

これは、言い訳はできませんね・・・(汗)。

原因は自分です。
普通の信号と勘違いし、ひたすら待つ・・・。
後ろの車から、白い目で見られていることでしょう!

自転車の場合は、センサーに反応しない場合がほとんどですから、歩行者用のボタンを押しに行かなくてはいけません。

しかも、センサーの真下にいるのは、自分ですから、後ろの車は、真下に行けず、ただ待っているだけの状態に・・・(汗)。

歩行者用ボタン。
「おしてください」
になっています。

この状態だと、いつまでたっても「青」にはなりません。

ボタンを押して、上の窓に表示
「おまちください」
がある状態にしましょう!

スポンサーリンク

 

②先頭の車が、センサーの下に入っていなく、信号機が車を認識していない

これも同じく、信号は赤のまま。
その後ろの車が、大渋滞に・・・(汗)。

こんなセンサーの真下に入らないといけませんね!

ロードバイクに乗っていて、この現象に気が付くこともあるのですが、前の車が渋滞していて、歩行者用のボタンまで辿り着けない・・・(汗)。
こんなことがよくあります。

まぁ、しばらくすると、しびれを切らした2番目以降の運転手さんが、クラクションを鳴らすか、いったん車から降りて、わざわざ歩行者用ボタンを押しに行って解決・・・ですね。

これからも、信号には気を付けて、周りに迷惑をかけないようにします!

 

ではでは。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。


ロードバイクランキング

by bmcろく


 

スポンサーリンク