垂仁天皇陵と菅原天満宮

奈良市尼ヶ辻近辺にある垂仁天皇陵と菅原天満宮を紹介します。

スポンサーリンク

垂仁天皇陵

奈良市尼辻西町にある、垂仁天皇陵は、11代天皇の陵で、周囲を水濠で囲まれている全長227mの前方後円墳です。
全国で20番目の規模の古墳で、4世紀後半ごろの築造と推定されています。

近鉄橿原線尼ヶ辻駅から徒歩約5分のところにあります。

(写真の下が説明文)


垂仁天皇陵(正面)

反対側から撮影。
あまり観光化されてはなく、周囲は、のどかな田園地帯が広がります。

スポンサーリンク

菅原天満宮(日本最古の天満宮)

奈良市菅原町にある菅原天満宮は、菅原家発祥の地、菅原道真公ゆかりの神社、道真公出生の地とも言われています。

天神さんで有名なのは福岡太宰府市にある太宰府天満宮や京都市にある北野天満宮ですが、ここ奈良市にあるのが、日本最古の天満宮、菅原神社です。

学問の神様として、各地から、多くの受験生やご家族の方が、合格祈願や学業向上祈願に来られています。

毎年、2月25日には、お田植祭(おんだまつり)が行われ、その年の五穀豊穣を祈ります。

近鉄橿原線尼ヶ辻駅より、徒歩約10分です。
拝観料:無料、駐車場:無料。


正面鳥居前。

御本殿。

筆塚。毎年春分の日に、書道の発展を祈願した「奈良筆まつり」も開催されています。

神社の東北約100mのところにある菅原道真公の産湯池と伝えられる遺跡。

垂仁天皇陵と菅原天満宮は、1.2キロの距離です。
是非、お越しください!

 

ではでは。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。


ロードバイクランキング

by bmcろく


 

スポンサーリンク