ロードバイクトレーニング(ジョギングとの併用は効果あり)

ロードバイクトレーニングとして、みなさん、色々なメニューをお持ちと思います。

スポンサーリンク

ロードバイクトレーニングでジョギングは効果的か?

私は、以前から、ロードバイクトレーニングにジョギングは効果的なのか?という疑問を持っておりました。

 

まずは、一般的なジョギングの効果・効能として

①ダイエット・痩せる

②筋力・持久力アップ

③ストレス発散

④免疫力アップ

⑤生活習慣病の予防

⑥美肌効果

⑦肩こり解消

などなど、色々ありますね!

 

以前のブログ「自転車(ロードバイク)で走るだけではダメ?」でも書きましたが、ロードバイクの実車のみのトレーニングでは、「骨が脆くなる」と聞いたことがあり、そのことが前から気になっていました。

そこで、実車・ローラー台と併用して、トレーニングにジョギングも取り入れてみました。(まだ1ヶ月だけですが・・・)

スポンサーリンク

 

私が体験した効果(個人の感想です・・・)

①以前は、歩いている状態から、急に走ろうとすると、足首が痛くなりましたが、ジョギングを取り入れてからは、その症状がなくなり、足首が痛くなることがなく、ダッシュが出来るようになりました。
実車でも、スムーズにダッシュができるようになった感じがします

これは、やはり、専門家が言っていた、「ロードバイクや水泳などでは、地面に直接足がついていなく、地面からの衝撃が足に伝わらず、骨が鍛えられない(骨が脆くなる)。ランニングは、高インパクトで、筋肉とともに骨にも負荷を与え、骨を強化・鍛えることが出来る」ということを表しているのだと実感しました。

 

②体重・体脂肪が増えなくなった。

冬のこの時期は、どうしても甘いものを食べすぎて、体重や体脂肪が増えがちですが、ジョギングを始めてからは、甘いものも食べていますが、数値は一定のままキープできています。

(50過ぎのおっさんの数値を聞かれても仕方がないと思いますが、ちなみに、体重:55~56キロ、体脂肪:9.5~11%です。去年は、体脂肪が13%くらいまでアップしていました。)

また、例年は、冬になると、ロードバイクも乗る機会が減り、運動不足になりがちでしたが、ジョギングは、気軽にできますので、この時期の運動不足の解消にも役に立ちます。

 

③屈伸や立った状態で足を広げてのストレッチなど、ふらつきが少なくなった。

以前は、屈伸をすると、後方に倒れそうになったり、立った状態で両足を開き、お尻を落としていくようなストレッチでも、体がフラフラしていましたが、足首が安定してきたせいか、かなり安定してきました。

また、走り始めた直ぐは、背中が痛くなり、いかに体幹を使った自転車の走りができていなかったのかが、よくわかりました。
背中にも少し筋肉がついたのか、体幹力も少しアップし、実車でもふらつきが少なくなったように感じます。

 

以上から、やはり、ジョギング併用は効果的と考えます。

 

ただし、持久力などは、さほど変わりがないように感じます。
これは、実車で鍛えられているおかげだと思います。

 

ではでは。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。


ロードバイクランキング

by bmcろく


スポンサーリンク