初ジョギングと夜間の自転車に気をつけよう!

今日は、今年初めてのジョギングをしました。

スポンサーリンク

2018 初ジョギング

昨日のローラー台に続いて、ロードバイクトレーニングの一環として、今日は、ジョギングを行いました。

昨年から始めたジョギングですが、やはり、お正月の不摂生がたたってか、たった一週間走らなかっただけで、全然走れませんでした。

それと、私の場合、少し期間が空いてジョギングをすると、

全身がかゆくなる

のです。

これが、結構辛くて、走っている間中は、体力面の辛さより、全身のかゆみとの戦いの方が大変なのです。

みなさんは、こんなことありませんか?

普段から、血の巡りが悪いせいか、50を越えたおっさんでも、「しもやけ」ができるほどです。

ですので、少し走ると、血の巡りが良くなりすぎて、全身がかゆくなるのかと考えています。

2~3回くらい走ると、楽になるのですが・・・(汗)。

頑張って続けていきます!

スポンサーリンク

 

夜間の自転車は危険

ところで、今日の夜のジョギング中に、もう少しで事故というシーンを見ました。

それは、80歳くらいのおじいさんが、車道の左側を自転車でフラフラと走っているところでした。

そこへ、左車線を走るスポーツタイプの車が、猛スピードで自転車に近づいていきます。

直前で自転車に気付いたのでしょう。

ギリギリで右にハンドルを切り、なんとか自転車を避け、僅か数十センチの距離で通過していきました。

もう少し自転車に気が付くのが遅れていたら、完全に後ろから跳ね飛ばされているところでした。

右車線を走っている車がいなくてよかったものの、右側を確認する間もなかったと思います。

夜間でしたので、前照灯は点けておられましたが、リアライトはなく、全身黒っぽい服装でしたので、後ろからは、非常に見えにくい状況でした。

ジョギングで走っている私が、思わず、「危ない」って声を上げてしまうほどでした。

 

自転車からは、前照灯もつけているし、車からは、しっかり見えていると思いがちですが、リアライトがない状態では、歩いている人からも、後ろからは、自転車はなかなか見えにくいですね。

車からは、なおさら見えにくいと思います。

 

以前のブログ「夜間 無灯火の自転車は危険」でも書きましたが、本当に、夜間の自転車での走行は気をつけましょう!

前照灯だけでは、周りからは見えにくい状況である」、ということを肝に銘じて、夜間は、必ず、前後のライトをつけて走りましょう!

自分の身は自分で守る」、これが鉄則だと思います。

 

ではでは。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。


ロードバイクランキング

by bmcろく


スポンサーリンク