甘い食べ物(白砂糖)は控えよう!

今回は、甘い食べ物(白砂糖)について。

スポンサーリンク

甘い食べ物(白砂糖)の弊害とは?

 

ロードバイクで走った後や仕事終わり、疲れた時に欲しくなるのが、甘い食べ物ですね。

私は、甘いもの好きですので、帰宅後すぐや間食・食後に、いわゆる「お菓子」類を食べてしまうことが多いのです。

 

漢方薬医から聞いた、白砂糖がよくない理由

 

私は、「花粉症」や「しもやけ」の症状がでますので、以前、漢方薬専門医を訪ね、治療をしに行ったことがあります。

西洋医学ではなく、漢方薬で、これらを改善しようと考えたからです。

 

治療室に入って、私を見た専門医が即座に言われたことは、

 

「顔色がよくないし、指先も冷たい。

甘いものの摂りすぎでしょう・・・と。

甘いものを摂るのを控えなさい、「花粉症」や「しもやけ」の原因の一つは、白砂糖です」。

 

と、言われました。

 

要するに、白砂糖が血流を悪くして、結果として、「花粉症」や「しもやけ」を発症させているとのこと。

 

 

また、白砂糖を多く摂ると、

血糖値が急激に上昇し、それを抑えるために、血糖値を下げる「インスリン」が大量分泌され、急激に血糖値を下げる(低血糖)、という作用をしてしまい、この血糖値の乱高下が体によくないのだそうです。

低血糖の状態では、全身に栄養が行き渡りにくい状態となり、疲労感や精神面での不安定をもたらしたりもするそうです。

 

漢方医を受診したその年の、「しもやけ」の季節の冬と「花粉症」の症状が出る春は、出来るだけ甘いものを控えました。

すると、

 

やはり、症状がかなり楽になりました。

 

とくに、冬場は手足の先が冷たくなり、白っぽくなって、痛いくらいだったのですが、血流が改善されたのか、「しもやけ」の症状も抑えられました。

 

スポンサーリンク

どうしても、甘いものが欲しい時は、はちみつで代用しています。

白砂糖は、原料には、ビタミンやミネラルが含まれていますが、その精製過程で、ビタミンやミネラルを取り除いてしまうため、栄養素がほとんどないカロリーだけを摂ることになってしまいますが、はちみつは、多くの栄養素が含まれていますし、単糖類ですので、即エネルギーにもなる優れた食品です。

 

また、甘いものを控えるようになると、

次第に、甘いものを欲さなくなりました。

 

まぁ、これが続かなかったのですが・・・(汗)。

 

これから、「しもやけ」や「花粉症」のシーズン突入です!

 

できるだけ、甘いものは控えましょう!

 

 

ではでは。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。


ロードバイクランキング

by bmcろく


スポンサーリンク