大台ケ原ヒルクライム想定トレーニング(ロードバイク)

今年の大台ケ原ヒルクライムの大会(9月9日(日))まで、半年を切り、徐々にトレーニングの量と質を向上させていこうと思い、今日は、ローラー台を使った大台ケ原ヒルクライム想定トレーニングを行いました。

 

大会に合わせた距離でのローラー台トレーニング

 

今の時期は、花粉症で、外を走ると、後がものすごく辛くなるので、家の中で出来る、大会の想定トレーニングを行いました。

 

内容は、

①ローラー台を使用
②最初の5分間は、ウォームアップ
③ウォームアップ終了後、ギアをアウタートップにする
大会の距離の28キロをひたすら回す
⑤ここまでの時間を計測
⑥5分間のクールダウン

 

ローラー台については、通常、週2回、約30分のトレーニングを行っていますが、インターバルトレーニングが中心で、長い時間や長距離を想定したトレーニングはできていませんでした。

ですので、ある程度の負荷を持続するこのトレーニングは、今の自分にとっては、非常に厳しい内容になりました。

結果は、1時間33分でした。

 

スポンサーリンク

実際のコースは、もっともっとハードなので、このタイムを徐々に短縮できるよう、トレーニングしていこうと思います。

また、ロードバイクだけでなく、寒くてやめていたジョギングも復活していきます。

 

何とか、今年の大会の目標 1時間30分代をクリアできるよう、頑張ります!

 

 

ではでは。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。


ロードバイクランキング

by bmcろく


スポンサーリンク