石山寺(滋賀 大津 紫式部ゆかりの寺)①

滋賀県大津市にある石山寺

スポンサーリンク

西國第十三番 東寺 真言宗 大本山石山寺

聖武天皇の勅願により天平勝宝元年に良弁僧正により開基。

ビワイチで有名な琵琶湖に続く瀬田川の西岸にあり、多くのチャリダーの姿も見かけます。

紫式部がこの石山寺で「源氏物語」の着想を得たと伝えられる、紫式部ゆかりの寺としても有名です。

(写真の下が説明文)


石山寺 東大門(鎌倉時代 重要文化物)


仁王像(運慶・湛慶の作と言われています)


石山という地名は、奇岩怪石の露出する岩山があったことから生まれた地名とのこと。


東大門を抜けると、紅葉の季節にはきれいなもみじが見られる風景が広がります。


くぐり岩

穴をくぐると願い事がかなうとされるパワースポットです。

かなり狭い岩間を抜けます。
しっかり体をかがまないと頭を打ちそうになります。


比良明神影向石(比良明神が座っていた石)
良弁僧正と比良明神が出会った場所とされています。

 


毘沙門堂


宝篋印塔
この塔の四方には四国八十八ヶ所霊場の砂が敷かれてあり、この塔を廻ると四国八十八ヶ所霊場を巡ったのと同じ功徳が得られると言われています。


ご本堂(平安時代・国宝)

 

スポンサーリンク

次回へ続く。

 

ではでは。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。


ロードバイクランキング

by bmcろく
 

スポンサーリンク