自転車(ロードバイク)あるある(危険を感じた事)

昨今は、

煽り運転や幅寄せなど、危険運転

について報道されることが多いですね。

ロードバイクの場合、自動車と同じ車道を走ることがほとんどですから、非常に危ない経験をされた方も多いと思います。

私の拙い経験から、ロードバイクに乗っているときに遭遇することが多い、3つの危険パターン
について、書きたいと思います。

①車による煽り運転・幅寄せ

読んで字のごとく、今流行り?の煽り運転をされることが多いですね。
2車線の道ならともかく、1車線の細い道では、一生懸命速く走っているつもりでも、車には到底かないませんので、人によっては、かなりの至近距離で煽られます。

急に止まることもできず、心の中では、「すいません」と思いつつも、やはり気分がいいものではありません。

抜くことができる場所まで来ると、本当にギリギリのところをすり抜けられたりしたこともしばしば・・・。
風圧が来るくらいですから、「足にあたるんちゃうか」くらいの勢いです。
後ろを振り返っても逆に危険なので、急に車が迫ってくる感じですね。

もう一つは、幅寄せ。
これも同じようなことですが、広い道でも、わざわざギリギリをすり抜けて行こうとする車もあります。
運転技術を自慢したいのでしょうか?

特に、トレーラーのような長い車は、抜かれている時間が非常に長く感じます。
タイヤに巻き込まれないか、毎回冷や冷やです。

プロレーサーが言われていましたが、
こういう時は、
まっすぐ、ブレずに走る技術が必要とのこと。

詳しい方から聞いた練習法は、

①肩や腕の力を抜いて、リラックスして走る
②目線を少し上げる

簡単なようですが、なかなか難しいですね。
でも、命を守る技術ですから、しっかりと身につけたいものです。

②他の自転車からの危険運転

この中で一番多いのが、道路の逆走行。
つまり、右側を走っている自転車です。

ほとんど悪気もなさそうに、悠然と走られている方がほとんど・・・。

これは、不思議と年齢・男女に関係なく逆走されている方が多いですね。

そういう方に限って、思いっきりのスピードで突っ込んでこられます・・・(汗)

もう、こっちが止まるか、道を譲るしかないですね。

③歩行者の急な横断

左側を歩いている方が、後ろも振り返らずに、ゆっくり右側に横断される・・・。
当然、歩行者優先ですから、気を付けなければならないのですが、急な横断は焦りますね。
しかも、ゆっくりマイペースで・・・。

ですので、歩行者がいるときは、スピードを落とし、何があってもすぐ止まれるような状態で運転しています。

楽しいはずの自転車生活が、ケガをしても人にケガをさせても、面白くなくなりますので、安全には自ら十分気を付けて、ゆったりした気持ちで、自転車に乗りたいと思います。

by bmcろく


Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です