大安寺(南都七大寺)

今回は、久しぶりのご朱印集めの話です。

スポンサーリンク

がん封じで有名な大安寺(奈良市大安寺)

 

大安寺は、聖徳太子によって平群に建立され、やがて飛鳥で百済大寺・高市大寺・大官大寺と名と所を変え、平成遷都に伴って現在の地で、大安寺と称しました。南都七大寺の一つに数えられ、奈良時代から平安時代前半は、東大寺・興福寺と並ぶ大寺であったそうです。現在は、がん封じの寺として、信仰されています。

場 所:奈良市大安寺
拝観料:400円(本堂・宝物殿)(特別展開催時は、500円)
境内拝観は自由です。
9:00~17:00
駐車場:あり(無料)

 

(写真の下が説明文)


正門

ご本堂

嘶堂(いななきどう)忿怒形の馬頭観音(重要文化財)が祀られています。

宝物殿
 
大安寺中門跡


供養塔(大安寺歴代先師の供養塔)

いのちの小径

ご朱印をいただきました。


境内の梅が、ちらほら、咲き始めていました!

 

大安寺では、1月23日に、光仁会(こうにんえ)、がん封じ笹酒祭りが行われます。この日は、「ささ」を通したお酒がふるまわれ、がん封じの祈祷が続けられます。

 

是非、みなさまも、大安寺にお越しください!

 

 

ではでは。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。


ロードバイクランキング

by bmcろく


Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です