フレームにキズが・・・(汗)

スタンドのないロードバイク。

スポンサーリンク

ロードバイク止め方のミスで、フレームにキズ

 

ついにやってしまいました・・・(汗)。

 

写真を撮ろうと、ロードバイクを止め、2~3歩、歩いた瞬間・・・。

「ガリッ」という音が・・・(汗)。

 

そう、フレームにキズが付いた瞬間です。

 

原因は、止め方の問題

 

一瞬だからと気を抜いて、石垣にそのまま、何も考えずに、ロードバイクを立てかけたのです。

しかも、緩い坂道で。

 

手を離した直後に、タイヤが動き、フレームが石垣にこすれ、写真のようなキズをつけてしまいました・・・(汗)。

 

色々調べてみると、壁に立てかけるときは、

ハンドルとサドルを壁につけ、

しかも、

右側を壁に立てかけるようにすると、万一倒れても、ギア・スプロケが地面に衝突して、故障させてしまうリスクが少なくなるとのことです。

 

スポンサーリンク

後悔しても、後の祭り・・・。

 

ちょっとの間だからと気を抜いてはだめですね。

今後は、きちんとセオリー通りに、止めたいと思います。

 

皆さんもくれぐれもお気を付けください!

 

 

ではでは。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。


ロードバイクランキング

by bmcろく


Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です