タイヤ(ロードバイク)がパンク(対処法)

パンクといっても、ロードバイクではなく、車のタイヤがパンクしまた・・・(汗)

スポンサーリンク

車のタイヤがパンク(しかも2回目)

 

ロードバイクのパンクなら、その場で修理できますが、車となればそうはいかず・・・(汗)。

また、今どきの車のタイヤは、あまりパンクしないと思っていましたが・・・(汗)。

しかも、2回目・・・(汗)。

 

パンク1回目

 

1回目は、約2年前。

車が走行中に、急にガタガタと異音と振動が。

しばらく走っていても、いっこうに改善しないので、しかたなく路肩へ。

見てみると、後輪右側のタイヤがパンク。

細い道でしたので、しかたなく100mほど自力で走って、脇道へ。

 

(車に付属の修理キットを試すも・・・)

最近の車は、スペアタイヤがついていなく、補修キットが入っていたので、早速試してみることに。

それは、液体をタイヤのチューブに入れ、その液体で、チューブの中をコーティングして、一時的にパンク部分を補修して、自走で、移動できるという修理キットでした。

しかし、一時的に空気が入りましたが、上手くできていなかったのか、すぐにまたタイヤの空気が抜けていく状態に・・・・。

 

そこで、任意保険に加入している会社へ連絡。

ロードサービスがついているので、レッカー車を向かわせるとのこと。

約30分で、レッカー車が到着。

 

レッカー車の方が、タイヤを見て一言、

「これ、無理に動かしましたね」

「タイヤの側面までやられてます」

「そのまますぐに停められたら、タイヤは、簡単な修理で再度使えましたが、この状態になると、タイヤ交換です」

「また、ロードサービスに入っているのであれば、修理キットなど使わず、すぐにレッカーを呼んでください。タイヤの他に、修理キットもまた購入しなくてはならなくなりますから・・・」

 

無知って、怖いですね・・・(汗)。

 

パンク2回目

 

という経験もあり、今回は、任意保険を使って、すぐにレッカー車を呼ぶことにしました。

今回も、約30分でレッカーが到着。

レッカー車を待つ間に、タイヤ交換できるところを探しておいてほしいとのこと。

 

まずは、ディーラーへ連絡。

しかし、タイヤの在庫がないとのこと・・・(汗)。

 

次に、近くのカー用品店へ連絡。

しばらく待ちましたが、待望のタイヤの在庫があるとの返事で、レーッカーの方に、そのカー用品店まで移動してもらうよう依頼。

 

しかし、ここでも問題が・・・。

 

前回もそうでしたが、

「車はレッカー車で移動できますが、人は乗せられない」という決まりが・・・(汗)。

わかってはいたものの、一度レッカーの方に、同乗を頼んでみましたが、やはり規定なので無理です・・・との返事。

 

しかたなく、私は、タクシーでカー用品店へ移動。
(私の場合、移動の費用は、任意保険で出ました)

1時間ほどで、タイヤ交換完了。

やっと、帰路へ。

 

結局、一度パンクしてしまうと、場所によりますが、数時間から半日はつぶれます。

 

(おさらい)・・・タイヤがパンクしてしまうと(自分で修理できない場合)。

*まずは、落ち着いて、安全な路肩等の場所へ車を停める。

 

①ロードサービス付きの任意保険であれば、その会社へ連絡。
(JAF入会であれば、JAFへ連絡という手も)
(もしくは、レーッカー車を持っている知人に連絡・・・(笑))

 

②レッカー到着までの間に、タイヤ交換できるところを探す。
(ディーラーやカー用品店など)
*もし、すぐに交換できるところがない場合、私の場合は、レーッカー会社にて、一時的に保管してもらえ、後日、タイヤ交換してくれる場所まで、移動してくれる、というサービスもありました。
(このサービスがない場合や、保管時間、移動距離に制約がある場合がほとんどですので、契約内容を確認しましょう!)

 

③レッカー車は、車しか移動してくれないので、次の移動場所までの、自分の移動手段を確保する。
(公共交通機関やタクシー、知人へ依頼など)

 

④タイヤ交換。

 

パンクは、予期できないので、そうなったら、良い意味であきらめるしかないですね。

 

この経験が、少しでも役に立てればと思います。

 

 

ではでは。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。


ロードバイクランキング

by bmcろく


Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です