室生寺(むろうじ)(女人高野)奈良県宇陀市

室生寺は、奈良時代末期の宝亀年間(770年~781年)、興福寺の僧・賢憬(けんきょう)によって開かれました。

スポンサーリンク

真言宗 室生寺派 大本山 室生寺 五重塔 国宝

(写真の下が説明文)


県道28号線沿いにいくつかある駐車場に車を止め、すぐのところにある赤い橋を渡ります。

橋の上からの風景。
川の水が澄み切っていました!

室生寺正門。

正門をくぐり、最初に見えてくるのが護摩堂です。


次に、仁王門が見えてきます。

鎧坂。最初の石段です。

石段を登りきると金堂があります。
平安時代初期(国宝)

中には、御本尊の釈迦如来立像(平安初期・国宝)をはじめ、多くの仏像が並べられています。


本堂(鎌倉時代・国宝)。
本尊・如意輪観音菩薩像(平安時代・重要文化財)が安置されています。


五重塔(平安時代初期・国宝)
高さ16.1メートルと屋外の五重塔では最小とのこと。
平成10年の台風で大きな損傷を蒙りましたが、2年後に修復され、現在の姿になっています。


このような見事な杉の木がたくさん見られます。


五重塔からかなり急な石段を10分くらい登ると、奥の院にたどり着きます。
気合を入れて登らないと、心が折れそうになります・・・(汗)。


奥の院 御影堂(鎌倉時代・重要文化財)
奥に、七重石塔が見えます。


金の招き猫のお守りを買いました。
御利益に期待・・・。

ご朱印もいただきました。

 

【真言宗 室生派 大本山 室生寺】

住  所:奈良県宇陀市室生78
拝観時間:8時30分~17時(4/1~11/30)
9時~16時(12/1~3/31)
拝観料 :600円
駐車場 :有(有料)

 

スポンサーリンク

まもなく秋の紅葉の見ごろを迎えます。

皆様も是非お越しください!

 

 

ではでは。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。


ロードバイクランキング

by bmcろく

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です