奈良の坂道紹介 暗峠

奈良の激坂と言えば、最初に思いつくのが「暗峠」

スポンサーリンク

 

激坂のメッカ 暗峠

 

奈良県と大阪府の県境にある暗峠は、国道308号線で、国道と言ってもかなり狭い道なので、あまり車の通行量も多くありません。

そのおかげで、チャリダーには車をあまり気にせず走れるところはいいのですが、なにせ少し油断するとバク転しそうな激坂が続きます。

(写真の下が説明文)


近鉄生駒線「南生駒」駅近くの交差点からスタート。
角に南都銀行があります。
右の道が168号線。左の道に入ります。(これが308号線)
しばらくは、住宅街の細い道が続きます。


住宅街を抜けると、比較的広い道に出ます。
「むかいやま公園」方向ではなく、暗峠方向へ。(画面中央の道)


この辺りから激坂がスタート!
特に、アスファルトではなく、コンクリートの道の部分はかなりの激坂です。


バク転しそうな激坂・・・(汗)。


このような少し緩やかな坂もあり、ここで体力を回復させましょう!


最後の激坂!
先を見ると、心が折れそうになりますが・・・。


このトンネル(上の道が信貴スカイライン)をくぐると、いよいよゴールの山頂付近(暗峠)。


ここが、奈良県と大阪府の県境。


ここが有名な石畳。日本の国道で石畳の道はここだけです。



山頂から見た奈良側のすばらしい景色。
ガンバって登ったご褒美です(笑)


山頂付近には、このような棚田を見ることもできます!

下りは、前転しそうになりますので、くれぐれも気を抜かず気を付けて下りましょう!

【データ】
距離:約3.7キロ

平均斜度10%超え、最大斜度約25%

 

是非ご挑戦ください!

 

スポンサーリンク

ではでは。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。


ロードバイクランキング

by bmcろく

スポンサーリンク